保育活動・行事の様子

保育園での子どもの様子

2019/07/25

6月 保育園での子どもの様子

 4月から3ヶ月が経ち子ども達も保育園に慣れてきたように思います。
大好きな保育者とお友達に囲まれて楽しく過ごしています。


 ゆめぐみの子ども達の大半が、活発によく動けるようになってきたので、毎日園庭やテニスコートへ出かけたり、ホールで体をたくさん動かしたりして遊びました。一階へ行くための階段の往復では、行きの下りは保育者に抱っこしてもらう子が多いですが、帰りの登りは頑張って上まで登る子が増えてきました。子ども達の後ろ姿、本当に可愛いですね。
 たくさん遊んだ後は、程よくお腹も空いて、美味しい給食をモリモリ食べている子ども達。よく遊び・たくさん食べて・よく眠る、生活リズムが安定して、みんな元気ですくすくと育ってきています。

          

 

 
  ほしぐみの新入園児さんも慣れ、毎日みんな楽しんで園生活を過ごしています。6月中旬にヤマモモの実でジュースを作りました。子ども達は毎日「もうできた?」「まだかなぁ」などと楽しみにしていました。完成したヤマモモジュースをみんなで飲むと、みんな美味しいと言って大好評でした。園庭で育てた採れたてのキュウリやトマトも大人気でよく食べていました。

         
   
 つきぐみは、朝のおやつで野菜や果物が出てくると「なに?なに?」と嬉しそうに見にきます。野菜を切ると「トントンっていうね。」と包丁の音に気づいたり、「わぁ。種あった。」と中の様子を伝えたり、思い思いの感想を話してくれます。そんな食に関する事に、興味津々の子ども達と山桃ジュースを作りました。山桃と氷砂糖が入ったジュースの瓶を毎日観察しながら「いつのむの?」と尋ねます。「氷砂糖が溶けたら飲もうね。」と伝えると、「とけたかな?」と顔を近づけ確認していました。ジュースができ、みんなで飲むと「おいしい。」「おかわり。」の声が響きわたりました。目で見て感じ、匂って感じ、五感で楽しみながらいただきました。
        

 

 

一覧へ戻る