保育活動・行事の様子

おにさんまつり

2019/02/21

 つきぐみとほしぐみは、紙粘土を丸めて豆まきの豆を作りました。保育者と1歳児の子が一緒にしていると『何してるの?』と0歳児の子も来て一緒に参加して作りました。手に付く感触が嫌で側に来て見ている子もいましたよ。

 
 

 にじぐみは、鬼のお面作りとダンボール鬼を製作しました。少しずつ完成するダンボール鬼にワクワクする子ども達。「明日は黄色鬼だね」「明日は髪の毛つくろ」などと毎日楽しんで取り組んでいました。お面作りでは目や頬の位置をお友達の顔を見たり、自分の顔を鏡で見たりと確認していて面白かったです。個性溢れるお面になりました!

 


 当日は、保育者の「鬼は外―。福は内―」の声に合わせて豆を投げ、自分の心の中のイジワル鬼やおこりんぼ鬼を追い払ったり。部屋やホールで踊っていた『おにのパンツ』をみんなで一緒に踊たりして楽しいおにさんまつりになりました。 2月3日には、家庭でも、持ち帰った紙コップと豆で豆まきをしたこと・恵方巻や豆を食べたこと等、節分の楽しい思い出を沢山聞かせてくれました。


 

  

一覧へ戻る