保育活動・行事の様子

感触あそび

2018/10/09



感触あそび

 

 9月に入りましたが暑い日が続き、外に遊びにいけない日がありました。そんな日は、各クラスで感触遊びを楽しみました。暑い日ならではの冷たい感触あそびに子ども達も大喜びです。触り心地、カラフルな色、香り。五感をフルに使って楽しめる遊びで、満足感や達成感もひとしおだったと思います。


 ゆめぐみは、寒天を使った感触遊びをしました。お口にいれても安全なように、ヤマモモとフルーツ青汁で色付けしたピンクとグリーンの寒天を作りました。ほんのりいい香りがします。石鹸くらいの大きさにカットしたものをこども達に渡すと、冷たくてつるつるプニプニした感触のとりこになる子が続出し、粉々になるまで寒天の感触を味わって遊んでいました。初めての感触あそびを存分に楽しんだゆめぐみさん達です。

 

  

 

 

 

 

 
  つき組の子ども達は食紅の色水遊び、泡遊び、水風船等様々な感触遊びを楽しみました。
色水のスティック(野菜ジュースのパックをカットし、水性マジックで着色した物)では、スティックを沢山容器に入れて色の濃淡や混色を楽しむ2歳児と、ペットボトルの飲み口にスティックをぽっとん落としのように入れて楽しむ1歳児でした。

 

 

 

   

 

 

 


  ほしぐみは水の中にボディーソープを混ぜて泡立て器で泡をたててあそびました。ボールいっぱいの泡に子ども達は嬉しそうでした。氷あそびは食紅や造花を入れて作った氷に触れたり、水をかけて溶かしたりしてあそびました。「つめたい!」「何がはいているの?」と言いながら楽しんでいました。

 

 

 

 



一覧へ戻る