保育活動・行事の様子

保育園での子どもの様子

2017/06/20

保育園での子どもの様子

 

 新年度が始まり、あっという間に1カ月が経ちました。はじめは緊張して泣いていた子どもたちも、笑顔が見られるようになりました。

 2歳児にじ組はお外で遊ぶことが大好きで、晴れの日は毎日お散歩に出掛けます。朝、園庭に行くまでの道のりで短大のオオカミ人形を見に行き、小学校校舎にある大きな水槽を覗き「行ってきまーす!」と金魚にご挨拶をすることが日課となっています。夕方はテニスコートで追いかけっこをしたりシャボン玉で遊んだりして沢山の汗を流しています。最近は春の自然にも興味があり、カラスノエンドウの葉っぱの中から豆を取り出しておままごとを始めたり、バケツにダンゴムシをたくさん集めたりして楽しんでいます。
 子どもたちが大好きな体操の時間も、今年度から月に2回に増えました。お友達の肩を持って列車になり、ホール中をぐるぐる歩き回ったり、様々な遊具を組み合わせてサーキット遊びをしたり、楽しい遊びを教えてくれる先生のことが大好きになりました。

 

 

 

  

 

 1歳児はな組は、保育園の園庭に行くのが大好きです。「だんごむし~!!」「ありさ~ん!!」「はらぺこあおむしさんいてるよ!!」と保育者と一緒に子どもたちは夢中で小さな小さな虫たちを観察しています。「やねよーりーたーかーいー♪」と歌うと体を揺らしながら、こいのぼりを見上げる子どもたち。お部屋では、大好きな押し箱に乗り「せんせい、押してー!!」と可愛くお願いする姿が見られます。ひらひらと上から降らせる新聞あそびも楽しみました!

 

 

 

 

 

 0歳児ゆめ組は、お天気の良い日は、毎日散歩に出掛けています。マリア様に「行ってきます」とご挨拶をしてから、学院内を散策します。きれいなお花を見つけて優しくちょんちょんと触ってみたり、お花が風に揺れる姿を不思議そうにみつめたりしています。時には涼しい木陰でシートを広げて一休みし、楽しい散歩のひと時を過ごしています。

 

 

 

 

 



一覧へ戻る